ロッテ朗希 外出自粛期間はネットピッチ「やれることを見つけて一日を大事に」

[ 2020年4月7日 05:30 ]

ロッテの佐々木朗
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗が外出自粛となっていた3月28日から今月5日まで、さいたま市内の寮で「ネットピッチング」を行っていたことを明かした。6日、ZOZOマリンで約2時間、自主トレを行い「(この9日間は)可能な範囲の練習をしていた。軽くですが、毎日、ネットピッチングをしています。体幹トレーニングも毎日やっていたし、ウエートトレーニングは2日に1回の割合で行っていた」と振り返る。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、7日以降の予定も不透明な状態だが「今は全てにおいて我慢するとき。やれることを見つけて一日を大事に過ごしたい。野球ができる時が来たら、しっかりとしたパフォーマンスを見せられるようにするだけ」。163キロ右腕は、前だけを見つめていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月7日のニュース