巨人・田口 小林相手に30球投げ込み「気持ちを切らさないように」

[ 2020年4月7日 15:19 ]

ジャイアンツ球場の個人調整でブルペン入りした巨人・田口
Photo By 提供写真

 個人調整期間中の巨人は7日、ジャイアンツ球場で各自が練習を行った。田口麗斗投手(24)は、小林誠司捕手(30)を相手に30球を投げ込んだ。

 左腕は「変化球を交えながら投げました。しっかりと気持ちを切らさないように、この期間でレベルアップできるようにしたい」と球団を通じてコメント。16年から2年連続で先発として2桁勝利を挙げ、昨季は主に中継ぎとして55試合に登板。今季は春季キャンプ中に好投を続けて首脳陣の信頼を勝ち取り、先発に再転向している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月7日のニュース