「ダル奨学金」新受給者2人 児童養護施設を巣立つ子が対象

[ 2020年4月7日 05:30 ]

カブスのダルビッシュ有(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュが公式戦で1勝するごとに10万円を故郷の大阪府羽曳野市に寄付する「ダルビッシュ有子ども福祉基金」を活用し、児童養護施設を巣立つ子を対象にした奨学金制度で今年、新たに2人の受給者が選ばれた。

 市は基金から大学や専門学校などを卒業するまで月5万円を給付し、返済は不要。17年から同制度を設け、これで受給者は計5人となった。ダルビッシュの母で市内在住の郁代さん(61)は「目標に向かって一生懸命頑張って」と応援している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月7日のニュース