巨人・高田 ブルペンで30球「変化球が課題、克服したい」カットボールに磨きかける

[ 2020年4月7日 16:33 ]

ジャイアンツ球場の個人調整でブルペン入りした巨人・高田
Photo By 提供写真

 巨人・高田萌生投手(21)が7日、ジャイアンツ球場で行われた個人調整でブルペン入りした。立った捕手を相手に30球を投げ込み「僕は変化球が課題なので、この期間を利用して課題を克服したい。レベルアップしたい」と球団を通じてコメントした。

 特に課題としているのはカットボールと言い、飛躍の4年目へ克服する。16年ドラフト5位で創志学園から入団し、18年7月29日中日戦でプロ初登板初先発。昨季は先発を含む2試合に登板も、プロ初勝利とはならなかった。オフにはプエルトリコで武者修行。ハイレベルなメジャー選手らも集結したリーグで投球技術を磨き、今春は中継ぎとして1軍に同行している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月7日のニュース