ソフトB 自主練習再延期の可能性 中村晃選手会長「国次第なところもあるけれど…」

[ 2020年4月7日 05:30 ]

ソフトバンク・中村晃
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言に福岡県が含まれることが6日夕方に発表され、ソフトバンクの活動再開がさらに遅れる可能性が出てきた。球団は6日の昼にペイペイドームで選手会と話し合い、早ければ9日にも自主練習を始めることで合意したばかり。中村晃選手会長も「国次第なところもあるけれど、このままの状況なら9日から。人数や場所は分けていく」と話していた。

 しかし、その後の政府の発表を受けて、球団は7日にも日程を含めて再検討することになった。すでにチームは3月31日から活動を休止し1、2軍とも施設を閉鎖している。

 現在選手は自宅や、自宅周辺のランニングなどでトレーニングを続けている。練習が再開されれば人の密度を少しでも低くするため、ペイペイドームと筑後市のファーム施設に分け、開始時間も午前、午後と時差を設ける予定だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月7日のニュース