中日ドラ1石川昂 同期・橋本と“みそかつトーク”でドヤ顔

[ 2020年1月18日 13:08 ]

トークショーに参加した石川昂(右)と橋本
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18=東邦)と同2位・橋本侑樹投手(22=大商大)が18日、名古屋市内の家電量販店「エディオン名古屋本店」で行われたトークショーに参加した。

 お互いの初対面の印象について橋本は「めちゃめちゃでかいし、足ふっとーて感じでした」と石川昂の体格に驚いたという。
 一方の石川昂は「4コ上の先輩なので、僕からそんなに話かけられないが、今は普通に友達」とニヤリ。寮生活ですっかり打ち解けた様子だ。

 トークショーの中では前夜に2人で名古屋名物のみそかつが食べられる「矢場とん」で食事したことを明かし、橋本は「カツを食べた後に野菜をドレッシングで食べていたら、『何でドレッシング?味噌で食べるんですよ』と言われました」と愛知出身の石川昂に食べ方についてレクチャーを受けたという。

 当の石川昂は「カツを食べたあとに残った味噌で野菜を食べるのが美味しいんですよ」とドヤ顔で話し、会場を和ませた。

 トークショーの冒頭では前日、78歳で亡くなった球団OB、高木守道氏を悼み、黙祷。石川昂は「テレビでお見かけして痩せているなとは思いましたが、元気でしたよね。昨晩、ニュースで知り驚きました。僕もミスタードラゴンズと呼ばれた高木さんのような選手になれたら」と大先輩を悼んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月18日のニュース