DeNA浅田 2度目のブルペン入り 家族見守る中25球「力強く投げることができた」

[ 2020年1月18日 12:45 ]

<DeNA新入合同自主トレ>ブルペンで投球練習する浅田(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAの浅田将汰投手(有明高)が18日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で行われている新人合同自主トレで2度目のブルペン入りした。

 見学に訪れた家族が見守る中、同期の東妻を相手にスライダー、カットボールを交えて25球。「2回目にしては力強く投げることができました」とうなずいた。

 隣では選手会長の石田が投球練習。「チラチラ見ていたが、1軍の選手は球の伸びや制球、体重のかかりが凄いと思った」と憧れのまなざしを向けた。一方の石田もルーキー右腕について「凄い球を投げていましたね」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月18日のニュース