阪神ドラ5・藤田 充実“捕手デビュー”「アマと比べて数段違うなという印象」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

ブルペンで牧の投球を受ける阪神・藤田(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト5位・藤田は17日、初めてブルペンでプロのボールを受けた。鳴尾浜で自主トレする牧の捕手役を務め、立った状態で40球をミットに収めた。

 「キレというか変化球もそうですし、全ての球がアマと比べて数段違うなという印象」

 緊張は隠せなかったが、積極的に声をかけるなどアピールにも成功。視察した山田2軍バッテリーコーチも「一番大事な若さを出してね。(キャンプの)2クールくらいはしっかり見ていきたい。あんなにちゃんと(ミットの)芯で捕って元気がよかった」と評価した。藤田は「できる限り毎日(ブルペンに)入っていきたい」と充実の“捕手デビュー”となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月18日のニュース