日本ハム・清宮 20年初マシン打撃「肘も全然問題ない」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

術後初めてマシン打撃を再開した日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 昨秋に右肘を手術した日本ハムの清宮が、千葉・鎌ケ谷の球団施設で今年初めてマシン打撃を行った。

 山なりの球ながら、ティー打撃から一歩前進。「最初はタイミングが合わず変な感じだったけど、何球かいい打球が打てた。肘も全然問題ない」と振り返った。真価が問われるプロ3年目。「いい時の自分をイメージしながら打っています。リトルリーグ世界大会です」。12年に東京北砂リトルの一員として世界一に輝き「和製ベーブ・ルース」と米国で報道された長距離砲が飛躍を期す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月18日のニュース