中日ドラ1・石川昂 春季キャンプは2軍スタート キャンプ中に1軍昇格も

[ 2020年1月18日 05:30 ]

ロングティーで汗を流す中日の石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 2月1日から始まる春季キャンプにおいて、中日のドラフト1位・石川昂(東邦)は2軍スタートとなることが17日、分かった。この日、ナゴヤ球場でスタッフ会議を実施。与田監督は「最終決定ではない」と選手の1、2軍振り分けの言及を避けたが、球団関係者の話を総合すると「将来の4番としてじっくり育てる」方針で2軍スタートが決まった。

 ただ、「3冠王を獲る素質はある」と球団関係者が話すように潜在能力を高く評価しており、キャンプ中の昇格も十分。1軍の北谷球場と2軍の読谷球場は車で約30分と近く入れ替えも容易で、昨年も当時高卒2年目だった石川翔が昇格した例もある。

 石川昂は新人合同自主トレ後、キャンプに向け「1軍でやりたい思いしかないが(1、2軍)どちらでも頑張るだけ」と話した。まずは2軍で鍛える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月18日のニュース