セは巨人、パはオリがファイナル進出 eBASEBALL プロリーグクライマックスシリーズ

[ 2020年1月18日 20:57 ]

勝利を喜ぶ巨人の選手 (C)Nippon Professional Baseball /(C)Konami Digital Entertainment
Photo By 提供写真

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「eBASEBALL プロリーグ」の「コカ・コーラ eクライマックスシリーズ」が18日、東京都中央区のesports銀座studioで行われた。

 この日はファーストステージが開催され、セ・リーグはシーズン2位の巨人が3位の中日を2勝1敗で下した。

 巨人は第1戦の7回、丸が決勝ソロを放って2―1で勝利。第2戦は4―5で敗れるも、第3戦は6―4で競り勝った。

 ゲスト解説を務めた「eBASEBALL プロリーグ応援監督」で元ヤクルト監督の真中満氏は「僕、もう疲れました。緊張感のある中で結果的にドラゴンズは敗れましたが、最後まで諦めない粘り、その戦い方も素晴らしかったです」とコメント。巨人は「SMBC e日本シリーズ」出場を懸けて、19日にファイナルステージでシーズン優勝のヤクルトと対戦する。

 パ・リーグはリーグ2位のオリックスが3位・楽天に2連勝。第1戦は4―4の引き分けで、規定により順位が上のオリックスの白星に。第2戦は5―1と投打で相手を圧倒した。

 オリックスはファイナルステージでリーグ覇者のロッテと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月18日のニュース