楽天 大地とFA初交渉 石井GM「これからの選手に背中を見せて」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

FA権を行使した鈴木

 楽天は6日に都内で、国内FA権を行使したロッテ・鈴木と初交渉を行ったことを発表した。球団側からは石井一久GMが出席し、4年総額7億円程度の大型契約を提示したとみられる。

 球団を通じ、石井GMは「試合の流れが変わる可能性がある場面での勝負強さやプレー、チームへの発信力は凄いと思っていました。これからの選手に背中を見せていただきたいとお伝えしました」とコメント。巨人も鈴木の獲得に動いており、宣言残留を認めているロッテと三つ巴争奪戦となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース