侍J・丸 坂本に続いた11打席目で初安打「ホッとした」グラブに刺しゅう“日の丸魂”見せた

[ 2019年11月8日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組第3戦   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

6回1死一塁、適時二塁打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 高々と上がった打球の行方を見ながら、丸が全力疾走で一塁ベースを蹴った。6回1死一塁で中越え二塁打。「勇人さんが一生懸命走ってくれた」と坂本勇が一塁から長駆ホームを踏んだ。丸の11打席目での初安打が貴重な適時打となった。

 「1本出て次につながる。まずはホッとした」。遅れてやってきたラストサムライ。不動の1番・秋山が右足薬指を骨折したことで、今月2日に緊急合流した。稲葉監督からは「ありがとう」と感謝の思いを伝えられたが、丸自身は心の中に常に侍としての熱い思いを抱いていた。

 「前もって作ってもらっていたので」。練習用グラブには名前とともに日の丸の国旗が刺しゅうされている。予備登録の段階でいつ招集されてもいいようにと発注していたのだ。自分も侍の一員――。熱い思いを秘めていたからこその「丸の日の丸」だった。

 「貴重な中押し点。(丸の安打は)大きいですね」。試合後の稲葉監督も喜んだ。この日は6番・坂本勇と7番・丸の並び。巨人での2、3番コンビを下位打線で再現し「もう一つ、クリーンアップをつくれないかな、と思った」。坂本勇も2試合連続安打。「サカマル」の復調は心強い。

 「日本の良さはチーム力。一枚岩で向かっていく日本のスタイルを出したい」。次なる戦いへ、丸の目はらんらんと光っていた。(鈴木 勝巳)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース