侍J・吉田正 大会初安打で初打点「足を引っ張っていたので、良いところで打てるようにと」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組第3戦   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

初回2死三塁、適時打を放つ吉田正(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 吉田正が大会初安打で初打点をマークした。初回2死三塁から内角への直球を右前にしぶとく運んだ。「チャンスだったので、積極的に行きました」。

 初戦のベネズエラ戦は4打数無安打に終わり、2戦目のプエルトリコ戦は出場機会がなかった。「足を引っ張っていたので、良いところで打てるようにと思っていた」と安堵(あんど)の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース