侍J・今永 吠えた満塁斬り!勢いつけた3回4安打零封も「反省と半々くらい」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組第3戦   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

3回2死満塁、三振でピンチを脱し、ガッツポーズする今永(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは7日、1次ラウンド最終戦で台湾と対戦し、8―1で快勝。投打に確かな手応えを得て、日本に舞台を移して行われる11日からのスーパーラウンドに「1勝0敗」で臨む。

 納得はしていないが、無失点投球でチームに流れを呼び込んだ。先発した今永は3回4安打無失点で救援陣にバトンを渡した。3回1死満塁のピンチも、後続を三直、空振り三振で切り抜けた。「あそこでバタバタしているようじゃ駄目。0で抑えられたのは良かったけど、反省と半々くらい」と振り返った。

 敵地での台湾戦は完全アウェー。「(歓声は)甲子園の2・5倍くらいだった」と驚きながらも、相手打線の直球狙いを察知し、チェンジアップ、カットボールも織り交ぜ、4三振を奪った。

 国際試合で重視することは「鈍感力」だ。昨年オフにオーストラリアのウインターリーグに志願参加し「思い通りにならないことを気にしない」ことを学んだ。設備、環境など日本とは大きく異なる海外での登板。マウンドの高さが低くても「神経質にならないように」。グラウンドに出られる時間が制限されているから「ストレッチとかはホテルの部屋で」。一方で、コンディション向上には細心の注意を払う。水は日本から持ち込み、歯磨き、うがいをする際に使った。
 4回からは今大会初登板となった大野雄が2回無失点。2イニングとも2人の走者を背負うなど4安打を許したが「凄く冷静に試合に入れた。4点リードだったし、後ろにいい投手がいるので」と落ち着いたマウンドさばきを見せた。

 1次ラウンドで先発した山口、高橋礼、今永に加え、スーパーラウンドでは岸、大野雄も先発する可能性がある。5投手が台湾で上々の投球を見せたことで、さまざまなパターンのローテーションが組める態勢となった。建山投手コーチは「先発は球数が少なかったし、短い間隔で先発ができる。これから考えたい」とプラス材料に納得の表情だった。(川島 毅洋)

 ▼甲斐野(7回に登板。5日のベネズエラ戦に続いての3者凡退)ゼロでしっかり帰って来られて良かった。少しでも力になれるよう、結果を恐れず投げたい。

 ▼山本(8点リードの9回から登板し1回2安打1失点)無失点でいければベストだったが、勝ち切れたので良かった。(9回のマウンドは)特に変わりません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース