斎藤佑 高校野球の球数制限歓迎「いい流れ」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

2軍施設でキャッチボールを行う日本ハム・斎藤
Photo By スポニチ

 早実時代の06年夏の甲子園で一人で948球を投げ切って優勝に輝いた日本ハム・斎藤が、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを実施した。

 5日に日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の最終会合で「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限などを盛り込んだ答申案をまとめたことに「いろんな方が知恵を絞って野球界が盛り上がるのは大事。いい流れになっていると思う」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース