侍J・岸 発熱から復活 内野ゴロ×3で1回ピシャリ「緊張して足もふわふわしていた」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組第3戦   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

力投する岸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 発熱により有力視されていた台湾での1次ラウンドの先発を回避した岸は5点差の8回に5番手で今大会初登板し、1回無安打無失点。8球で内野ゴロ3つと、完全復調を印象づけた。

 「緊張して足もふわふわしていた。試合に投げることができ、やっとチームの一員になれたかなと思います。(発熱で離脱して)ずっと、何しに来たんだという感じだった」

 一時は38度まで体温が上がったが、2日間の静養で1日に再合流。帰国後、11日から始まるスーパーラウンドへの不安は消えた。「先発で行くのであれば1点でも少なく、リリーフにつなぎたい。救援なら今日のように言われたところで頑張りたい」。34歳はフル回転を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース