西武 松本航「西口流スライダー」習得で来季飛躍目指す「2桁勝ちたい」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

西武・松本航
Photo By スポニチ

 西武のルーキー右腕・松本航が「西口流スライダー」習得で来季の飛躍を目指す。

 今季は肺炎で出遅れたが、5月19日の初登板初勝利を皮切りに7勝を挙げ、リーグ2連覇に貢献した。それでも「決め球の変化球がなく球数がかさんだことが反省」と1年目を振り返った右腕。「何か武器を」と宮崎県日南市内で行われている秋季キャンプで、決め球となるスライダーの球速アップに着手した。

 現役時代に切れの良いスライダーが代名詞だった西口投手コーチに握りや投げ方を伝授され、ほぼ毎日ブルペン入り。「前よりは球速が上がっていると言われた」と手応えをつかみつつある。決め球を手に入れ「来季は1軍で2桁勝ちたい」と力強く意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース