侍J・稲葉流気配りで投手陣安定 専属制バッテリー「その一戦に懸けるという準備をしてもらった」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組第3戦   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

インタビューを受ける稲葉監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 3戦全勝突破に導いた稲葉監督は、最大の収穫に投手陣を挙げた。「やはり投手でしょう。それぞれが持ち味を出してくれた。ピンチにも冷静に対処してくれた」。この日は2戦連続零封こそ逃したが最少失点で締め、3戦合計で5失点でわずか3四球。日本が誇る質の高い投手陣は上々の滑り出しとなった。

 それを引き出した3捕手の存在も光った。山口―小林、高橋礼―甲斐、今永―会沢。合宿の早い段階で所属チームやリーグなどで相性を考慮して組む予定を伝え、練習試合や強化試合でもバッテリーを組ませた。「捕手も早めに決めて、その一戦に懸けるという準備をしてもらった」と稲葉監督。深めたコミュニケーションが光り、3捕手それぞれの専属制はスーパーラウンドでも継続されていく。

 1勝0敗とアドバンテージを持って、11日にスーパーラウンドが始まる。「打者も上向きでいい形できている。日本でもまた、みんなで戦っていきます」と結果も内容も伴った3連勝に手応えを深めた。(後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月8日のニュース