マエケン、6回3安打も4失点「もう一度しっかり修正する」

[ 2019年5月7日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース5―8パドレス ( 2019年5月5日    サンディエゴ )

パドレス戦に先発し、6回を3安打4失点のドジャース・前田
Photo By 共同

 ドジャース・前田はパドレス戦に先発し、6回3安打4失点でリードを許して降板。打っては3回先頭で日本人選手の令和初安打となる中前打も、白星には届かず。3四球が失点に絡み「もったいない点の取られ方。ヒット3本で4点はなかなかない」と反省した。

 チームも一度は逆転したが、9回に抑えのジャンセンがレンフローに代打逆転サヨナラ満塁弾を浴びた。今季18四球のうち10個がセットポジションからで、前田は「もう一度しっかり修正していかないと」と課題を口にした。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース