オリックス3連敗で借金7 アルバース大乱調2回途中9失点

[ 2019年5月7日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス6―9ソフトバンク ( 2019年5月6日    ヤフオクD )

2回途中9失点で降板するアルバース(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスは先発のアルバースが、いずれも自己ワーストとなる1回2/3で9失点。チームは3連敗で借金は今季ワーストを更新する7まで膨らんだ。

 初回、連打で無死一、三塁とされ打者・今宮の時にけん制で一塁走者の周東を誘い出したが、三走・川島の本塁生還を阻止できず(記録は重盗)先制点を献上。今宮にも中前打され続くデスパイネに3ランを被弾するなど7安打で6点を失うと2回には松田、グラシアルに連弾を許した。「チームに申し訳ないということしかありません」と肩を落とした。

 西村監督は試合後のミーティングで珍しく発言。「下を向くな。積極的なミスは責めたりしない」とナインの奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース