中日、救援陣が炎上 福谷の初先発初勝利が消滅

[ 2019年5月7日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―7広島 ( 2019年5月6日    ナゴヤD )

10回1死三塁、安部(右)に右越え2ランホームランを打たれ、ガックリの谷元(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は救援陣が炎上し、試合をぶち壊した。2―1の9回に登板した守護神・鈴木博が2死三塁から松山に痛恨の同点打を浴び、6回1失点だった福谷のプロ初先発初勝利が消滅。延長10回には谷元が5失点と打ち込まれた。

 与田監督は「福谷に勝ちを付けてあげたかったけど…。負けた責任はこちらにある。監督の責任。明日勝てるようにしっかり考えていく」と懸命に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース