中日・平田、5打数4安打で勝利貢献「打ちたい球を打てている」

[ 2019年5月7日 21:38 ]

セ・リーグ   中日6―0広島 ( 2019年5月7日    ナゴヤドーム )

お立ち台でガッツポーズする(左から)平田、大野雄、高橋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の平田と高橋周が4安打を放ち、チームで13安打6点を奪って大野雄を援護した。

 平田は3回に追加点の口火となるセンターフェンス直撃の三塁打を放った場面を振り返り「あそこに当たるのは、(今季)3度目なんですよ。外野のファンの皆さんあそこに塩を撒いておいてもらっていいですか」と懇願。

 三塁打を放った直後、大島の投ゴロの間にホームへ生還し「大島さんに貸し一つということで納めたいと思います」と話した。

 5月に入って4度目のマルチ安打と打撃の調子が上がってきていることについては「打ちたい球を打てているので、徐々に調子も上がっています。これからは無駄な打席を無くしていきたいと思います」と語り「チームの雰囲気も良いです。凄く声も出ていてとても良い感じにチームの雰囲気も来ています」とコメントした。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース