西武・本田、6回途中3失点粘投も反省「無駄な四球多かった」

[ 2019年5月7日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―8楽天 ( 2019年5月6日    メットライフD )

3回2死、辰己(左)にソロ本塁打を打たれた本田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は先発の本田が5回1/3を4安打3失点で2敗目を喫した。3回に辰己に同点ソロを浴び、4回には暴投で勝ち越し点を許した。5つ目の四死球を与えた6回に降板。「無駄な四球が多かったことが反省点。大胆かつ繊細に攻めることができず流れを悪くした」と振り返った。

 それでも辻監督は「3失点で済んだのはまずまず。粘って投げていた」と評価。チームは連勝が2で止まり、勝率5割に戻った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース