ロッテ、岡&レアードが“恩返し弾” 2位に1差 5割復帰目前

[ 2019年5月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―3日本ハム ( 2019年5月6日    ZOZOマリン )

おもちゃのお寿司を握るポーズをとったレアード(左)種市(中)岡(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 ロッテの元日本ハムコンビが元同僚のエースを叩いた。1―2の5回は岡。「どうやって打ったのか覚えていない」と、有原の111キロのカーブをライナーで左翼席に突き刺した。昨年7月にトレード移籍した岡にとって古巣からの初本塁打が今季1号同点ソロ。明大時代に東京六大学野球でしのぎを削った早大出身右腕を攻略し「(有原の)凄さを知っているから少ないチャンスをものにしたかった」と相好を崩した。

 ダメ押しはレアードだ。6回にバックスクリーン右へ2戦連発の11号ソロ。「ホームランを打ったら有原がディナーに連れて行ってくれると約束していた」と、昨オフに日本ハムを自由契約になった助っ人もご機嫌だ。

 16年には日本ハムで日本一も経験した2人の活躍で2位の3球団に1ゲーム差。9連戦を6勝3敗で借金2とした井口監督も「何とか勝ち越したい」と5割復帰を視野に入れた。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース