【7日のファーム情報】阪神 ナバーロの4打点などで快勝 中日・根尾は1安打1打点

[ 2019年5月7日 18:32 ]

 プロ野球のファームは7日、ナイター1試合を合わせてイースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 阪神は中日戦(鳴尾浜)に11―2で大勝。ナバーロが3回の1号3ランなど4打点。熊谷が3安打2打点、俊介が2安打3打点だった。先発・ガルシアは6回3安打2失点で1勝目。中日先発・浜田達は3回1/3を8安打6四死球8失点で1敗目(1勝)を喫した。ドラフト1位・根尾は4打数1安打1打点。

 ヤクルトは西武戦(戸田)に6―5でサヨナラ勝ち。9回に塩見がサヨナラの中越え二塁打を放った。松本直が3回に先制の1号ソロ、西田が4回に2号ソロ。4番手の岩橋が3回3安打4失点(自責1)で1勝目(1敗)。西武先発・郭俊麟は7回4安打2失点。呉念庭が3安打。

 日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に5―1。石井が初回、先頭打者本塁打となる1号ソロを放つなど2安打。谷口は9回の2号ソロを含む3安打だった。3番手の藤岡が3回4安打無失点で2勝目(1敗1セーブ)。ロッテは安田、茶谷が2安打。先発・土肥は7回7安打3失点(自責2)で14奪三振も今季初黒星(5勝)を喫した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月7日のニュース