ソフトB柳田「3番」熱望 目標45発 苦手マリン攻略で「ワンチャンある」

[ 2019年1月28日 05:30 ]

西日本スポーツ賞、贈呈記念トークーショーを行うソフトバンク柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田が福岡市内で地元新聞社の授賞式に出席し、「理想の打順」として3番を熱望した。

 今季の目標はOB・小久保裕紀氏の自己最多44本塁打を上回る45本塁打。36本の昨季は3番60試合、4番68試合で550打席だっただけに「600打席立てば今の技術なら(45本)いける」。他球場ではZOZOマリンに外野フェンスが最大4メートル前に出るホームランラグーンが新設され「マリンは苦手なのでそこで打てれば“ワンチャン”ある」と言った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月28日のニュース