阪神新助っ投ジョンソン「日本に来られて興奮」マートン氏から影響

[ 2019年1月28日 05:30 ]

関西空港に到着した(左から)ナバーロ、ジョンソン、ガルシア(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 救援投手として期待される阪神新外国人のジョンソン(前ジャイアンツ)は27日、関西国際空港に来日。はやる気持ちをストレートに表現した。

 「今日は長い一日だったけど、日本に来れて興奮しているよ。早く投げたいね」

 カブス時代に元阪神のマートン氏から日本野球の素晴らしさを伝え聞き興味を持った。17年にメジャーデビューを果たし、昨季はジャイアンツで計37試合に登板して3勝2敗。1メートル88の長身から繰り出す直球はアベレージで150キロを誇る。覇権奪回を狙う上でブルペン強化も不可欠で頼もしい右腕が加わった。28日にガルシアとともに入団会見する予定で、さらなるメッセージを虎党に伝える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月28日のニュース