阪神・植田、足でアピール 源田との自主トレ「いい勉強になった」

[ 2019年1月28日 05:30 ]

ノックでベースカバーに入る植田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 阪神・植田は3年連続参加となる宜野座キャンプで、武器である「足」を、よりアピールしていく。

 「アピールするところは走塁になる。(早い段階の実戦でも)積極的にいけるタイミングがあると思ったら(盗塁して)いきたい。失敗しないということを頭に入れて成功率を上げられるようにしていかないといけない」

 昨季は自己最多19盗塁をマークしたが、2つの失敗があり成功率は・905。「手応えとかはなかったです」と振り返る。年明けには2年連続30盗塁以上を記録した西武・源田と自主トレを行い「いい勉強になりました」と収穫を口にした。

 5年目のさらなる飛躍へ出塁を増やすべく、昨季打率・192に終わった打撃にも力を注ぐ。「まだ投手の球を見ていないですけど、打撃も走塁も積極性を意識してやっていきたい」。女優・米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の決め台詞「私、失敗しないので」同様、盗塁失敗ゼロで遊撃争いに割って入る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月28日のニュース