西武ドラ1松本航“準備完了” 捕手座らせ30球 合同自主トレ打ち上げ

[ 2019年1月28日 05:30 ]

ブルペン投球を行う松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武第2球場での新人合同自主トレを打ち上げた。ドラフト1位の松本航(日体大)はブルペンで初めて捕手を座らせて30球を投げ、キャンプインへ向けた準備が完了。「ここからが本番」と表情を引き締めた。

 3位の山野辺(三菱自動車岡崎)はレギュラーが決まっていない二塁の定位置獲得を目指す。「キャンプとオープン戦が開幕の先発メンバーを決める基準になる」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月28日のニュース