イチロー マリナーズとマイナー契約 2月のキャンプは招待選手

[ 2019年1月24日 09:19 ]

 米大リーグ、マリナーズはイチロー外野手(45)と1年のマイナー契約で合意したことが23日、分かった。今季はメジャー19年目で、関係者によると、2月のアリゾナ州ピオリアでのキャンプインは招待選手として迎える。

 ベンチ入りメンバーが通常の25人から28人に増える3月20、21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕2連戦までにはメジャー契約に切り替わり、ベンチ入りする見通し。全国紙USAトゥデー(電子版)によると、メジャー契約は年俸75万ドル(約8250万円)という。

 球団はかねて25人枠に戻る米国での3戦目以降のプレーは白紙としている。一方で本人は現役続行の意志を持っている。

 イチローは昨年3月、キャンプ中に6年ぶりに古巣マリナーズに復帰。開幕前の右ふくらはぎ故障や頭部死球の影響で調整が遅れ、5月に会長付特別補佐に就任し、15試合に出場しただけでプレーをやめていた。

 メジャー通算成績は3089安打で打率3割1分1厘。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース