五十嵐、10年ぶりヤクルト復帰の裏話 年末連絡も「最初は間違い電話と思って無視」

[ 2019年1月24日 16:44 ]

入団会見でユニホームに袖を通す五十嵐(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトに10年ぶりに復帰した五十嵐亮太投手(39)が24日、都内の球団事務所で入団会見を行った。12月に米国ハワイでの自主トレ中に伊東昭光編成部長から連絡があった。「最初は間違い電話だと思って無視しました。2回目が掛かってきたので、何かあるなと思って。そうしたら“どうだ?”と言われて。うれしかったです」と振り返った。

 背番号は10年前に付けていた53に決まった。「球団に気を使っていただいて、愛着ある番号を用意していただいた。53を着て野球をすることは想像できなかったからうれしい。やってやるぞと強い気持ちです」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース