広島 長野 爆笑“やり直し”会見で第2章スタート

[ 2019年1月24日 05:30 ]

背番号5のユニホームを着てマツダスタジアムのグラウンドでポーズをとる長野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 国内FA(フリーエージェント)権で巨人に加入した丸の人的補償で広島に移籍した長野久義外野手(34)は23日、広島市南区のマツダスタジアムで入団会見を行った。会見冒頭のあいさつでいきなり詰まると、入場からやり直して爆笑が起きるなど笑顔の再出発。思い出の地でもあるマツダスタジアムで大暴れする決意を新たにした。

 痛恨のNGが笑顔の再出発につながった。会見場に姿を見せた長野は、「このたびカープにおせわっ……お世話になることになりました長野です」とあいさつして着席……。と思いきや納得できない。「すみません。かんだのでもう一回いいですか」と自ら“テイク2”をお願いし、再び入り口付近から歩き始めると報道陣が大爆笑。テレビカメラ11台と多くの記者が集まった会見場をなごませる、抜群のつかみだった。

 節目の日は、人生初というカープカラーのネクタイを締めた。「赤なんて初めてです。買ってるときに“あいつ、この(入団会見)ために買ってるよ”と思われたと思います」と、これまた笑いを誘った。

 期待集まる入団会見で、自らのアピールも忘れなかった。移籍が決まると、巨人・阿部からは「俺がこれまで見てきた後輩の中で一番、練習しなかったけど、一番天才型」との愛あるエールを受けた。キャンプでは赤ヘル名物の猛練習が待っているが、不安はない。「練習はできます。大丈夫。練習しないと言われているけど、誤解が多いので」。笑顔でイメージを修正すると、続けて「みなさんこれは書いてくださいね」と、初対面の記者への“初おねがい”もばっちり決めた。強がりではない。充実した海外での自主トレから帰国し、肌はこんがりと日焼けしていた。

 「キャンプ初日からしっかりできるような体をつくってきた。もう少し追い込めたらいいと思います」

 新たな本拠地となるマツダスタジアムは、思い出の地でもある。10年4月4日の初本塁打、初のヒーローインタビュー……。昨季は同球場で、打率・333、1本塁打、4打点と相性もいい。3月29日には古巣・巨人戦をホームに迎え、開幕戦が控える。

 「いいイメージで大好きな球場なので楽しみ。ライトを守ると、すぐ後ろですごい声援だった。今後は、大きな声援をもらえるようにがんばりたい」

 この日、春季キャンプの1軍スタートが発表された。「レギュラー争いに勝ち抜いて、開幕戦から出られるように頑張ります」。新天地でのプロ野球人生第2章は、明るく始まった。(河合 洋介)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース