ラミレス監督、日本国籍取得に笑顔「夢かなった」 日本代表監督就任へ意欲

[ 2019年1月24日 18:27 ]

スタッフミーティングを終え、日本人になった喜びを語るDeNA・ラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAのアレックス・ラミレス監督が24日、日本国籍を取得したことの喜びを語った。昨年1月に申請中であることを公表していたが、23日付の官報で告示された。

 この日横浜市内の球団事務所で行われたスタッフミーティングに参加した後、報道陣に対応。「ハッピーです。ベリーハッピー。やっと夢がかなった」と笑顔を見せた。名前の表記は変わらない予定。日本語で「昨日から日本人です。もちろん私の日本語はまだまだです。でも、これから練習します。よろしくお願いします」と話した。

 美保夫人からは「英語をやめて全部日本語にするわ。あなたは日本人だから」と言われたといって笑いを誘ったラミレス監督。かねて将来的な日本代表監督の就任に意欲を示していたが「正式に国籍を取得したので、夢に一歩進めたと思っています。機会があれば臨んでみたい」とあらためて希望を口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース