中日・根尾 右腓腹筋の軽度の肉離れ キャンプは2軍スタートに変更

[ 2019年1月24日 12:18 ]

23日、病院へ向かう際の根尾
Photo By スポニチ

 中日は24日、ドラフト1位の根尾昂内野手(18)が23日の練習中に下半身に違和感を訴え、同日、名古屋市内の病院で検査を受けた結果、右腓腹筋の軽度の肉離れと診断された発表した。

 当初1軍スタートだった春季キャンプは、2軍スタートに変更となった。

 ナゴヤ球場で行われている合同自主トレで、根尾は23日に下半身の張りを訴え、打撃練習など一部の練習を見合わせた。キャッチボールやベースランニングなど通常通りに練習を行っていたが、ノックを受けている途中に違和感が出たという。山田恵輔広報部長は「本人は“大丈夫です”と言っていたが、張りが強いので練習を見合わせた」と説明していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース