DeNA ラミレス監督、日本国籍取得

[ 2019年1月24日 11:42 ]

DeNAのラミレス監督
Photo By スポニチ

 プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が日本国籍を取得したことが24日、分かった。23日付の官報で告示された。昨年1月に申請中であることを公表したが、提出書類の不備で取得が遅れていた。

 ラミレス監督は1974年10月3日生まれ、ベネズエラ出身の44歳。メジャーで3年プレーし、01年にヤクルト入り。08年に巨人に移ると同年から2年連続MVP。12年にDeNAに移り、13年に外国人初の2000安打を達成した。14年はコーチ兼選手でBC・群馬に在籍も同年限りで現役引退。主なタイトルは首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度。16年からDeNA監督。現役時代の通算成績は1744試合で打率.301、380本塁打、1272打点。1メートル85、105キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月24日のニュース