阪神 才木&浜地が20歳の誓い!3年目シーズンへ“結果を”

[ 2019年1月10日 10:55 ]

<阪神>20歳の抱負の色紙を手に笑顔の才木(右)と浜地 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神・才木浩人投手(20)、浜地真澄投手(20)が10日、兵庫県西宮市内の球団事務所で成人式記念品授与式に出席し、決意を新たにした。

 2年目の昨季、シーズン途中から先発ローテーション入りして6勝10敗、防御率4・61と台頭した才木は「開幕からしっかり1軍入りして、しっかりローテーションを守って、しっかり勝っていけるように、していけたらいいかなと思います」と開幕ローテーション入りへ意欲。1軍未出場の浜地も「20歳になったから、というのは特にないですが、僕自身、この3年目は結果が求められていると思うので、そこはしっかり意識して結果を出さないといけないと思っています」と言葉に力を込めた。

 2人は成人記念品として、揚塩健治球団社長から高級ボールペンを受け取った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース