西武ドラ1・松本航に「呼び名問題」が勃発「なんて呼んでもらえるか楽しみに」

[ 2019年1月10日 14:36 ]

新人合同自主トレで汗を流す西武のドラフト1位・松本航
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位・松本航(わたる)投手(22=日体大)に「呼び名問題」が勃発した。

 西武第2球場での新人合同自主トレは2日目。松本航は「いい環境で練習ができている」と笑顔を見せた。2月1日からの春季キャンプはA班(1軍)が濃厚。これからはファンと接する機会も増えるが、悩ましいのが自身の呼び名だ。

 「ニックネームとかはなくて、今までは“わたる”と呼ばれるのが多かったですね。後輩からは“わたるさん”。あとは(名字の松本から)“まっちゃん”と呼ばれることもありました」

 名字か名前か。しかし困ったのは「西武には他に“まつもと”さんも“わたる”さんもいるので…」という点だ。チームにはすでに「松本」直晃と、高木「渉(わたる)」が在籍。呼び名がかぶっており、「呼ばれると同時に振り向いてしまう」という同姓or同名あるある状態に陥る可能性が高いのだ。

 「まつもと」か、「わたる」か、それとも別のニックネームか…。「ファンの方に、なんて呼んでもらえるか楽しみにしています!」。2桁勝利も期待される即戦力右腕は、新たな呼び名を心待ちにしている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース