ヤクルトドラ1清水、開幕1軍アピール速攻ブルペン30球

[ 2019年1月10日 05:30 ]

1キロ走でトップを走る清水(右)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・清水(国学院大)が、埼玉・戸田での新人合同自主トレ2日目に、チームの新人一番乗りでブルペン入り。捕手を立たせて直球を30球投げ込んだ。

 「第1クールからしっかりした状態で(ブルペンに)入れたことが大事」。大学時代より遅いブルペン入りだと言うが、フォームのバランスや体重移動を確認しながら投じた。その後の1キロ走は3本走り、3分45秒、同50秒、同47秒を記録して2本でトップに立ち、スタミナも披露した。「走るのは得意ではないが、(大学の部活動を)引退してからランニングに力を入れてきた」と笑顔。既に沖縄キャンプでの1軍スタートが内定。開幕1軍へアピールを続けていく。(黒野 有仁)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース