日体大始動 北山&吉田が新二枚看板 ともに150キロ腕

[ 2019年1月10日 05:30 ]

 首都大学リーグの日体大が9日、横浜市の同大野球場で始動した。

 松本航(西武ドラフト1位)、東妻(ロッテ同2位)が抜け、新たな「二枚看板」は北山と吉田。横浜高出身で最速154キロの北山は「松本さんは人間的にも凄い人だった。見習いたい」と話し、「春は5勝が目標」と宣言した。吉田は大冠時代にプロ志望届を提出した最速150キロの実力派。「良い先輩と常に高い意識でやれた。春は1戦目先発が目標」と力を込めた。プロ入りと日本一を目指して競い合う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月10日のニュース