西武ドラ3山野辺「緊張」第一歩 二遊間“相棒”争い名乗り

[ 2019年1月10日 05:30 ]

メットライフドームを背にランニングする(左から)粟津、佐藤龍、東野、中熊、松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武第2球場で新人合同自主トレがスタート。楽天にFA移籍した浅村に代わり、正二塁手候補の期待がかかるドラフト3位の山野辺(三菱自動車岡崎)は「緊張感があった」と振り返りながらも軽快な動きを見せた。辻監督も期待を寄せており「野球人生でこんなに評価されたことがないので驚いている」と苦笑い。

 二遊間コンビを組む可能性のある源田について「同じ社会人出身で1年目から活躍して守備もピカイチで憧れている」とし、外崎らとの二塁争いには「負けたくない」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース