DeNA上茶谷、12日に初ブルペンも テーマは“不動の右足”

[ 2019年1月10日 05:30 ]

リラックスムードで練習する上茶谷(左)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷(東洋大)が12日にも初のブルペン投球を行う。

 テーマは「不動の右足」で、この日の新人合同自主トレの遠投でも入念にチェック。「左足を上げた時に、(軸足の)右足の裏全体で地面をつかむ感じ。キャッチボールからやっています」。大学3年時から取り入れ、投球にも「体重が乗りやすくなった」という。来週には捕手を座らせて投げる予定で「順調。逆算している」という「2・1」へペースを上げていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース