大リーグ選手年俸総額8年ぶり前年下回る 世界一Rソックスが最高

[ 2019年1月10日 05:30 ]

昨季、ワールドシリーズを制したレッドソックス(AP)
Photo By AP

 大リーグの昨季の選手年俸総額が約42億2704万ドル(約4607億円)で、前年より約1800万ドル(約20億円)減少した。

 前年を下回るのは10年以来。禁止薬物やドメスティックバイオレンス(DV)の規定違反で、長期の出場停止処分を受けた高額年俸選手が相次いだことが影響したという。球団別ではレッドソックスが30球団最高の約2億3040万ドル(約251億円)で、ジャイアンツ、カブスと続いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース