楽天 育成ドラ1・清宮、いきなり存在感見せた!シャトルランで歴代最高記録

[ 2019年1月10日 13:05 ]

<楽天新人合同自主トレ>シャトルランでトップの清宮は疲れ果てて寝転がる(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 楽天の新人合同自主トレーニング2日目に恒例のシャトルランが行われ、育成ドラフト1位の清宮(せいみや)虎多朗投手(18=八千代松陰)が歴代最高の「143回」を記録した。2位は佐藤智輝投手(18=山形中央)の「138回」だった。

 これまでの最高は12年ドラフト1位だった森雄大の「137回」で、今季の新入団選手から2人が更新する好記録を出した。

 身長1メートル90の長身ながら圧倒的なスタミナを披露した清宮は「1位を取ってやろうと思っていたのでうれしい。育成ながらアピールできてよかった」と胸を張った。日本ハム・清宮幸太郎と名前が似ていることで注目されたルーキー右腕が、その潜在能力の一端を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月10日のニュース