清宮 今春キャンプ2軍スタートも 右手首違和感で打撃再開見通し立たず

[ 2019年1月10日 05:30 ]

タクシーで外出する清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 右手首の違和感のため、昨年12月から打撃練習を回避している日本ハム・清宮が、今春キャンプを2軍からスタートする可能性が浮上した。

 栗山監督ら首脳陣が参加した鎌ケ谷でのスタッフ会議で、キャンプの1、2軍振り分けについて話し合われた。吉村浩GMは「主力投手なら投げなくても(1軍キャンプに)行く可能性はあるけど、野手のリハビリは行かない」と明言。清宮は打撃再開時期について「トレーナーと話し合ってから」と見通しが立っていない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース