元ロッテ・小林雅英氏、元巨人・石井義人氏が女子プロ野球トップチームコーチ就任

[ 2019年1月10日 18:23 ]

 日本女子プロ野球リーグは10日、トップチーム(京都、愛知、埼玉)の投手総合コーチに小林雅英氏(44)が、同野手総合コーチに石井義人氏(40)が就任したと発表した。

 小林氏はロッテなどで抑えとして活躍。メジャーリーグのインディアンスでもプレーし、日米通算234セーブを挙げた。11年限りで引退し、12年からオリックスで投手コーチに。15年からはロッテで投手コーチを務め、昨季限りで退任していた。

 石井氏は西武、巨人などで通算645安打し、14年限りで引退。15、16年はルートインBCリーグ・武蔵の打撃コーチを務め、昨年までは軟式野球・公徳会佐藤病院の監督を務めていた。

 小林コーチは「選手の技術の向上とリーグの発展に尽力していきたいと思います」とコメント。石井コーチも「経験してきた事を選手達に指導し個々のレベルアップを目標にやっていきたいと思います。そして、今まで以上に女子野球を盛り上げられるように頑張りたい」とコメントした。

 トップチーム3球団を巡回し、指導にあたるという。

 なお愛知の森章剛ヘッドコーチ(39)と、埼玉の福留宏紀ヘッドコーチ(43)の昨季限りでの退団も合わせて発表された。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース