オーラ感じた…巨人ドラ5松井、丸の打撃に驚き「あんな音が出るのか」

[ 2019年1月10日 17:51 ]

新人が合同自主トレを行う中、黙々とマシンを相手に打ち込む丸(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 川崎市にある巨人のジャイアンツ球場では、新人合同自主トレ2日目を迎えた。アップや基礎トレーニング、キャッチボール後にティー打撃やノックを受けるために新人選手たちが室内練習場を訪れると、自主トレを公開していた新加入の丸が練習中だった。

 同じ高卒野手のドラフト5位・松井(折尾愛真)は「オーラがありました。チラッとは見ましたけど、(すごくて見入ってしまうので)見ないようにしていました」と苦笑い。丸がティー打撃を行うと、室内練習場にはバットがボールをたたく衝撃音が響き渡り、松井は「あんな音が出るのかと思いました」と目を丸くしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月10日のニュース