楽天・浅村に聞く 仙台は「寒い。降りた瞬間、不安に…」

[ 2018年12月2日 05:30 ]

背番号3のユニホームを着てガッツポーズの浅村(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 【楽天・浅村に聞く】

――昨季の楽天の印象は。

 「力を出せていない印象があるが、一人一人の力はあると思う。昨年はCSでも開幕投手でやられているし、力のあるチームだと思う。(イメージは)とにかく明るく、若い、いいチームだと外から感じていた」

 ――仙台について。

 「(正午時点で気温11度に)寒いですね。今日新幹線で来て、降りた瞬間、不安になりました。でも、ここで成長できるんだとわくわくしました」

 ――13年の楽天の優勝はどう見ていたか。

 「13年は楽天にやられたと思っていましたし、リーグ優勝も僕の三振で決まった。その映像ばかりが流れて嫌だなと思っていたが、(入団が決まり)これも何かの縁なのかなと思います」

 ――背番号3に決まった。

 「西武でその番号をつけたいと思ってやってきた。(17年から)つけてから自分なりのこだわりも出てきた。(楽天に)入団が決まってカズさん(石井GM)が一番最初に言ってくれた番号なのでうれしい」

 ――入団が決まってから元西武の岸、渡辺直に連絡したか。

 「しました。来てくれてうれしいと言ってくれたし。僕もまた一緒にプレーできる気持ちがあったのでうれしかった」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月2日のニュース