大谷に勝った天才中学生投手 対抗心から3日で1300球投げ込んだ猛練習

[ 2018年12月2日 08:00 ]

2日放送の「消えた天才」に出演する阪神・藤浪(C)TBS
Photo By 提供写真

 2日放送の“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後7・00)では、「大谷翔平に勝った同世代の天才たちは今」と題し、かつて大谷翔平投手(24=エンゼルス)を倒した天才たちを大追跡。中学時代に大谷を破り、日本一に輝いた天才中学生投手の現在の姿に迫る。

 中学日本代表でチームメートだった藤浪晋太郎投手(24=阪神)が「全部勝てていなかった」「天才って言葉は簡単に使いたくないですけど本当にすごい投手でした。天才」と評するのは、2009年の中学全国大会を制した東京代表・世田谷西の天才投手。中学生ながら最速142キロの快速球を武器に、大谷擁する岩手代表の一関を完封するなど、同大会の最優秀選手にも選ばれた。

 ところが、高校時代にさらなる成長を遂げ、日本ハムからドラフト1位指名を受けるまでになった大谷とは裏腹に、その天才はプロの世界に入ることなく、野球の表舞台から姿を消した。

 番組では本人が「そこまでやらないと大谷相手には勝てない。オーバーワークも覚悟の上」と3日で1300球を投げ込み、それに加えて深夜まで打撃練習も行ったという高校時代の猛練習を回顧。プロを諦めた理由、ライバルとして対抗心を燃やした大谷への思いを吐露し、「大谷選手に勝ったことを誇りに」励む現在の仕事も明かす。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月2日のニュース