王氏 原監督を激励 他11球団は巨人を倒して「日本一になりたいのだ」

[ 2018年12月2日 08:00 ]

懇親会前に記念写真に納まる(左から)原監督、松田オーナー代行、王OB会顧問(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 OB会総会に出席した巨人・原監督は来季の決意を述べた。冒頭のあいさつは非公開だったが、帰り際に「“OBを代表して来年指揮を執ることになりました。懸命にやります”とお話しした」と語った。

 球団は史上ワーストタイの4年連続V逸。今オフには丸、炭谷、中島、ビヤヌエバと積極補強に出た。OBの期待も大きく膨らむ。原監督は今年還暦を迎えたことに触れ「まだ60(歳)。老け込む年ではない。先輩方を見て思う」とOBの後押しに闘志を新たした。

 OB会顧問を務める王貞治氏(ソフトバンク球団会長)からは「ジャイアンツは特別な球団。それだけ要求されるものも大きい。他の11球団はジャイアンツと戦って日本一になりたいのだ」と激励を受けた。柴田勲OB会長は「原監督から“来年は絶対”という決意を聞いた。来年はおいしいお酒が飲めるんじゃないか」と語った。

 名だたる先輩たちを前に気を引き締め直した原監督。4年ぶりに現場復帰した名将が、来秋にはOBたちの元に吉報を届ける。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月2日のニュース